使いやすいアイシャドウを探すなら|コスメの形に注目しよう

まぶた別に考える

似合う色合い

メイク道具

コスメというのは女性にとって永遠に楽しめるアイテムです。
そのコスメの中でも選ぶのが難しいと言われているのはアイシャドウです。
アイシャドウ選びに失敗すると全体的なメイクも悪くなります。
最近では可愛らしいパレットに入ったアイシャドウコスメもありますが、きちんと似合う色を選ぶようにしてください。
特に一重や奥二重の人はアイシャドウ選びが難しいと考えられているので、まぶたによって似合う色を知っているとコスメ選びがとても楽しくなります。
まず、そもそも人には髪色や肌色によって似合うパーソナルカラーというものが存在しています。
パーソナルカラーというのはパステルカラー、マットな色合い、クールな色、メタリックカラーが似合う人に分けられます。
基本はこれに従っても失敗しませんが、まぶたに合う合わないも存在します。
まず、一重に似合う色はピンク系です。
くぼみのある一重にピンクやブラウンを塗るとふんわりとした印象にしてもらえます。
奥二重に似合う色はグレー系です。
メイクをする際に、立体感を強調できるようなメリハリを出せることを意識してみるとより一層良い仕上がりになります。
また、二重の人はナチュラルメイクを目指すなら、色違いのブラウンを四色程利用して、自然なグラデーションを作るようにします。
そうすることによって、ナチュラルながらも大きな目力のあるメイクが可能なので、試してみる価値があります。
このように、色選びというのは様々な視点から可能になるので、自分なりにも模索してみると良いです。

便利なアイテムで腕慣らし

洗顔

初心者にとって、アイシャドウをうまく塗るというのはなかなかむずかしいものだと思われ、コスメの中でもテクニックが必要だと感じるアイテムではないでしょうか。
一般的には薄い色合いのものをまぶた全体に塗り、まぶたのきわに濃い色を塗るのがいいとされていますが、最近は何色も重ねてグラデーションを付けるのが人気です。
そのため、いくつものアイシャドウを使いこなさなければならず、色合いを考えるのも大変ですし、塗り重ねていくにも練習が必要になります。
そんなむずかしいコスメの代表選手ともいえるアイシャドウを簡単に使ってもらおうと、化粧品メーカー各社も工夫を凝らしています。
まぶたの形にアイシャドウのパレットを作り、この部分にはこの色を塗ってくださいとわかりやすく指南してくれた商品も登場しています。
これなら初心者向けですし、毎日塗ることによってだんだんとアイシャドウの使いこなし方がわかるようになってくるでしょう。
薄い色から濃い色へという原則は、化粧品メーカーから発売になっているわかりやすいパレットでも同じですので、基本は変わりません。
慣れてきたら自分なりに色を組み合わせてチャレンジしてみるといいですが、その際も広い面に薄い色を置き、そのうえに濃い色を載せていくという手順を覚えておくのがいいでしょう。
メイクは回数を重ねることで上達するという面と、しっかりとコスメ使いこなしのコツを知って取り組んでこそ、きれいに仕上がるという面の両方を持っています。
アイシャドウに関していえば、知識をしっかり持ってから取り組むのがおススメのコスメです。

塗り方で印象的が変化

コスメ

アイメイクは目元の印象を変化させるので、アイシャドウはコスメアイテムにおいて重要なアイテムです。
コスメの中でも使用頻度が高く、定番となっているアイシャドウですが使用するブラシによって色のつき方や印象が変わります。
使用しているコスメをより上手に活用するにはブラシの選び方を知っておくと、自分のイメージにあった化粧が出来るようになります。
アイシャドウパレットに付属しているブラシやメイク専用のブラシなどの基本的な使い分け方をご紹介します。
ブラシの部分が大きめのアイシャドウブラシは、色のつき方が柔らかいのでアイシャドウのベースとなるカラーやハイライトカラーに使用するのに向いています。
アイホール全体に白やアイボリーのカラーを塗る際に使うとナチュラルな仕上がりになるのでオススメです。
中くらいのブラシはメインカラーを塗る際に使用すると効果的です。
濃くつき過ぎず、ちょうど良い発色になります。
メインカラーをより印象的に塗りたいという方はチップを使うと、はっきりとした発色になります。
目のキワに細くひく締め色やポイントに使いたいカラーなどは先の細いチップを使うとにじみにくく、便利です。
涙袋メイクをする際には小さなブラシやチップでさりげなく下まぶたにハイライトカラーを塗ると効果的です。
小さく平筆タイプになっているブラシも目のキワにラインを引く際に使用できます。
締め色のアイカラーを細くキワに引く事も出来ますし、ジェルライナーを引く際に使用する事も多く、ジェルライナーに付属している事も多いアイテムです。
コスメポーチの中によく使用するブラシを入れておくと、外出先の化粧直しでも仕上がりが高くなります。